Okushiri Airport 奥尻空港

異国情緒あふれるレトロな街
函館空港・奥尻空港エリア

函館はアメリカ、ロシアの補給地として早くに開港し、港の発展とともに歩んできた街です。函館山の麓に広がる元町地区にはロシア、イギリスの建築様式が並び、異国情緒溢れる雰囲気が人気です。
また、明治政府の最後の戦いが五稜郭で行われたことでも有名です。ここは春の桜の名所になっています。

奥尻空港

フライト情報

函館-奥尻間を日本航空(JAL)が就航しています。所要時間は約30分です。
離発着時間・運賃は月により変わりますので、日本航空のホームページでご確認ください。

施設内サービス

1F/航空会社チケットカウンター、出発ロビー、到着ロビー、自動販売機コーナー
2F/送迎デッキ

フロアマップ

1F
出発カウンター
出発ロビー
到着ロビー

近くの観光情報

函館はアメリカ、ロシアの補給地として早くに開港し、港の発展とともに歩んできた街です。函館山の麓に広がる元町地区にはロシア、イギリスの建築様式が並び、異国情緒溢れる雰囲気が人気です。
また、明治政府の最後の戦いが五稜郭で行われたことでも有名です。ここは春の桜の名所になっています。

交通・アクセス

奥尻空港からの一般的な交通機関をご案内いたします。

バス

Bus

奥尻島内では2系統の町営バスが運行されています。
いずれも奥尻港フェリーターミナル前のバスセンターを起点に、ひとつは宮津・稲穂を経由して野名前地区まで。もうひとつは青苗を経由して西海岸の神威脇地区まで行き、奥尻港へ戻ってきます。

【お問い合わせ】
 奥尻町企業管理課 電話: 01397-2-4111

レンタカー

Car rental

奥尻レンタカー
車種:軽自動車・1500CC・2000CC
【お問い合わせ】
 電話・予約専用:01397-2-7210

奥尻島空港レンタカー
車種:軽自動車(ATのみ)
【お問い合わせ】
 電話・予約専用: 01397-3-2008

うにまるレンタカー
車種:軽自動車(ATのみ)
【お問い合わせ】
 電話・予約専用:01397-2-7030

うにまるレンタカー
車種:軽自動車(ATのみ)
【お問い合わせ】
 電話・予約専用:01397-2-7030

奥尻空港とフェリーターミナルのある奥尻地区を結びます。
【予約・お問い合わせ】青苗ハイヤー 電話:01397-3-2339(8:00a.m.~5:00p.m.)

運行時間
空港発:飛行機到着の15分後
フェリー発:11:00a.m.

利用方法
空港発:予約なしで乗車可能
フェリー発:前日までに電話予約

料金
奥尻空港~奥尻地区:1人 1,000円

運行期間
7月1日~9月13日(運休日:8月25日)
*8月31日まで毎日運行
*9月以降は土日祝日運行

乗車場所
奥尻港フェリーターミナル前

乗車時刻・料金

 北コース南コース
発車時刻2:00p.m.3:30p.m.
所要時間75分150分
中学生以上2,500円3,800円
小学生以下1,500円2,000円

南北コースセット料金 5,800円/3,000円

ご予約
青苗ハイヤー:01397-3-2339

観光のお問合せ
奥尻島観光協会:01397-2-3456
奥尻町地域政策課商工観光係:01397-2-2351

*北コース、南コースとも事前予約制です。前日5:00p.m.までにお電話ください。
*予約状況によってはお断りする場合があります。(各コース最大13名まで)

北コース
奥尻港前(2:00p.m.)→宮津弁天宮→賽の河原公園→球島山展望台→奥尻港前(3:15p.m.)

南コース
奥尻港前(3:30p.m.)→なべつる岩→うにまる公園→みかげ石海岸→奥尻島津波館→時空翔(慰霊碑)→徳洋記念緑地公園→無縁島→ホヤ石・ホヤ石の滝→モッ立岩→北追岬公園→奥尻ワイナリー(日曜除く)→奥尻港前(6:00p.m.)

江差-奥尻間をおよそ130分で結びます。
人だけの乗船の場合は予約不要です。車を乗せる場合は予約が必要です。
運行時間、料金はハートランドフェリーホームページでご確認ください。

【お問い合わせ・車両乗船予約】
予約専用ダイヤル 0570-02-8010(9:00a.m.〜5:00p.m.)
お問い合わせダイヤル 0570-09-8010(9:00a.m.〜5:00p.m.)

奥尻島の交通

  • 奥尻港フェリーターミナル前発
    下り(青苗~神威脇方面)はバスセンター発15:45が最終便
  • 上り(賽の河原~野名前方面)もバスセンター発15:45が最終便

エアチケットを探す

函館空港エリア